台湾の食べ物

台北の朝ごはん(忠孝新生・忠孝復興付近) | 台湾食べ物

忠孝新生に泊っているので・・・

僕の台北での定宿は忠孝新生にあるEZSTAY
だから朝ごはんの場所も忠孝新生が中心となる。
僕がもっとも好きな台湾の朝ごはんは、鹹豆漿という塩味の豆乳だ。


名もない朝ごはん屋さん

地元の人割合99%。僕以外ここに来る外国人はたぶんいないと思う。
そのくらいローカル度が高いお店。
僕はこのメニューのなかの右端の「葱花蛋」というのと「鹹豆漿」を頼む

葱花蛋

葱花蛋

15NT$(45円)

葱入り卵焼き。醤油かけて食べたいところ

鹹豆漿

15NT$(45円)

塩味の豆乳。
中には油あげのようなものがはいっている。日本には売られていないが台湾では超メジャー食べ物。
僕の大好物でもある。

 

 

名もない朝ごはん屋さん

看板も出ていないので知らないとここにはこれない


高雄五福鮮蝦扁食のメニュー

高雄五福鮮蝦扁食のメニュー

今回は、ここの名物である香辣紅油扁食ラー油づけ蝦ワンタン)
というのと鮮肉扁食米粉ワンタン入りビーフン)をオーダーしました。

香辣紅油扁食(ラー油づけ蝦ワンタン)

70NT$(210円)

器が小ぶりなので、これひとつだと一人でも少ない。
台北 (タビトモ)(アマゾンにリンクしてます) に載っていてそこで「必食」って書いてあったので行った。
さすがJTBパブリッシングの編集者が必ず食べろと表記するだけの味ではある。
僕がラー油大好きだからおいしいと思うのは当たり前だけど、ラー油好きでない人はどう思うかは?だ。

鮮肉扁食米粉(ワンタン入りビーフン)

80NT$(210円)

台湾に住むある日本人駐在員に、いつも日本に帰国するときお土産に何を買っていきますか?と質問をしたところその方はビーフン(米粉)と答えていた。
その気持ちはよくわかる。
台湾のビーフンはうまい。
だからもちろんこの肉わんたん入りビーフンもなかなかよかった。

高雄五福鮮蝦扁食

お店の中にはジャッキーチェンやノリピーが店内で撮ったと思われる写真が飾ってあった。
彼らも来たことがあるらしい。


街角の水煎包のお店

 

このお店もローカル度ほぼ100%のお店。朝ごはんに餃子や韮まんじゅうを買っていく地元の人のためのお店。

メニュー

このメニューの中で、 15元の韮菜包というのと水煎包8元を頼んだ

水煎包

1個8NT$(24円)

白菜?キャベツ?入っている餃子のようなもの。肉ははいっていない。

 

中はこのとおり。韮も少し入っている。醤油をつけて食べたいところ

韮菜包

15NT$(45円)

水煎包よりもひとまわり大きい。
個人的はこちらのほうが好き。

 

韮たっぷりのニラまんじゅう。ニラ好きにはたまらんが、出勤前にこれ食べて大丈夫なのか?と疑問に思う。


copyright 2010 (c) World Wide Kawa All Rights Reserved
【世界の食べ物 一覧】