台湾の食べ物

台北の町の食堂台湾食べ物

中山エリアの端、長春路と林森北路の交差点近くには、小さなお店が点在している。僕らのよく泊る京都ホテルがこのあたりにあるので、夜に台北に着いたときなど、京鼎楼でショーロンポーを食べて、その後、ちょっとつまみながら一杯という時にいいお店。


炭火カルビのお店

あさり炒め

このあさり炒めは、日本のお店でもあってもよさそうと思ったけどでも以外とないかも。
日本の飲み屋だったらワイン蒸しとか酒蒸しとして出るケースが多いかな。

台湾的でないようで台湾的な料理。

店頭に張ってあるメニュー

ゴーヤと卵の炒め物

160NT$(480円)

ゴーヤは、苦瓜とかかれているのでメニューでも探しやすい。

ゴーヤが一般的な食べ物として市民権を得るまで、
我が家ではゴーヤといわず苦瓜(にがうり)と呼んでいた。

ゴーヤといえば、沖縄が有名だが、鹿児島でも昔からよく食べられていて、

鹿児島出身の両親は、庭にゴーヤを植えて、できたらそれをよく食べていた。台湾もゴーヤが食べられるというのは、ちょっとうれしかった。

前菜

しじみ

しじみの煮たもの。
まさに、酒のつまみ

置いてある水

ナス味噌

これも、日本と変わらないおいしさ。

置いてある水

メニュー

わかりそうでわからない。

魚なんかは時価と書いてある。

おそろしくて、それは頼めないけど、値段は、まあまあ、といったところか。


くらげ

小さなお店(郷村小吃活海産)


より大きな地図で 郷村小吃活海産 を表示

copyright 2009 (c) World Wide Kawa All Rights Reserved
【世界の食べ物 一覧】