台湾の食べ物

花蓮の朝ごはん | 台湾食べ物

地元の客は入っていた

花蓮のゲストハウスの朝食がトーストだったので、その朝食をそこそこにして、台湾のローカルな朝食屋を探しまわった。
日曜日の朝ということもあってあいている店がほとんどなかったが、花蓮の西口正面から延びる道沿いにある朝食屋を発見!そこには職人気質の角刈りの料理人の姿があった・・・


富吉早餐(花蓮の西口)

花蓮の西口の朝ご飯屋さん。
お店の名前からするとここのオーナーは富吉つぁん?でしょうか。
何人か台湾人は入っています。

オーダー表

オーダー表

 

僕は「蘑菇」というものをオーダーした。 地元の人が食べているものを指さしてこれっていったら、「蘑菇」にチェックが入ってこのオーダー表がやってきた。  

圓龍鮮湯包(小籠包)

富吉っつぁん?

 

真摯に鉄板と向かいあう富吉っつぁん。
角刈り具合がなかなかチャーミング。

職人っぽい風貌がさぞかしおいしいものができるのだろう・・・
という予感をさせます。

 

 

 

まず最初に麺を入れてコーンを乗せます。

 

小葱やニンジンを入れました

 

 

 

 

レトルトのパックみたいものを取り出しかける。

(おいおいレトルトかよ・・・by 心の声)

圓龍鮮湯包(小籠包)

蘑菇

35NT$(105円)卵入り

最後にぐちゃっと混ぜて手前で焼いていた目玉焼きを乗せて
できあがり

 

のびたスパゲッティでした。

圓龍鮮湯包(小籠包)

豆漿

10NT$(30円)

豆乳も既製品?手作りじゃないの・・・?

富吉っつあんは職人ではないようです。

 

花蓮西口の朝食レポート    (完)

copyright 2010 (c) World Wide Kawa All Rights Reserved
【世界の食べ物 一覧】